専用アプリとWallet(Apple・Google)のスタンプカード比較

紙からアプリへ急速に移行が進むスタンプカードの実態

スタンプカードは、来店客をリピーターに変えるために効果的な手段です。
購入金額に応じてスタンプを押してくれるところもあれば、来店回数によって押すところもあります。
飲食店では購入代金と来店回数のどちらかに分かれる傾向がありますが、ヘアサロンなどでは高額になることもあり、一般的には「来店ありがとうございます」の意味で、訪れた回数だけを押すことが多くなっています。

これまではどこの店も独自に紙媒体で発行していましたが、作成するのに手間がかかるうえに、紛失してしまうとせっかくのリピーターを逃すことにもつながってしまうため、急速にスマートフォンアプリでのスタンプカードへと移行しているのが実態です。

スマートフォンユーザーがスマートフォンを忘れることはめったにありませんし、お得なお知らせや、スタンプがいっぱいになったことなどを知らせてくれるプッシュ通知をオンにしてくれている人は、確実にリピーターになっているという実績がすでに出ています。

スマートフォンでのスタンプカードの導入方法と種類

スマートフォンにスタンプ機能を持たせるアプリには、大きく分けて2つの種類があります。
1つはこちらも急速に増えつつあるスタンプカードのための専用アプリ、もう1つがAppleとGoogleのどちらからでもインストールして使えるWalletと呼ばれるアプリです。

専用アプリは、お店それぞれが店の内容に沿ったものを選んで使えるというメリットがある一方で、システムを導入してスタンプカードを作ったら、これを顧客自身にQRコードで読み取ってもらわなくてはなりません。この手間を嫌う人は、紙媒体に比べてスマートフォンでのスタンプカードが便利とは言え、利用してくれない可能性があります。また、急いでいる顧客に勧めづらいという点も、店側としてはデメリットです。

Walletのメリットと使い方

専用アプリのスタンプカードは、顧客が読み取ってくれれば、来店と同時に自動的にスタンプが押されていることが多いのが特徴です。

それに比べてWalletの方は、スマートフォンユーザー自身があらかじめAppleかGoogleで、スタンプWalletと呼ばれるアプリをインストールしておく必要があります。
ただ、Walletを導入した場合、電子スタンプを使って店頭でスタッフが専用画面にスタンプを押すシステムになっているため、確かに押してくれたことが顧客にわかりやすいというところがメリットです。その点では、これまでの紙媒体のスタンプカードに近いことから、安心感を持つ人が多いのが特徴です。

1つにまとめられるのがWalletの最大の特徴

紙媒体のスタンプカードの場合、一番の悩み事だったのが、あちこちでスタンプカードを作ることから、財布がパンパンになってしまうということでした。これを解消してくれたのがスタンプカード用のアプリですが、店ごとの専用アプリの場合、それぞれで確認が必要です。

その点、Walletであれば参加企業のスタンプをひとまとめにできるという利点があり、さらに早く貯まりやすいところは、リピーター獲得に大きく貢献するでしょう。せっかくなら、スタンプを押してくれる店に行こうとなるからです。専用アプリでは利用料金が異なるプランを用意していますが、Walletは月額のランニングコストが一定額のため、わかりやすいという点も比較要素となります。

スタンプのデザインを変えたり、マス目を任意に設定できたりするのも利用のしやすさにつながっています。周辺にWalletによるスタンプカードを利用している店が多い場合は、同じシステムを使っておくことで、自店の利用客の増加とリピーター獲得につながる可能性は高くなるはずです。